« もう今年も | トップページ | ほっとしました… »

2009/12/10

恐怖の頭脳改革

もう今年も終わりだなんてソーゲンが書いている。
事実そうなんだから仕方がない。

先日寒過ぎてセーターを着ようと探してみた。
Tシャツみたいに年間通して着倒すもんじゃないので少々の詮索は我慢した。
見当たらん。
ない。
しょうがないので別のを着る。
セーター着れるテンションでいたので少々ガッカリしたけど
また家に戻った時に探せば良いなんて思いながら玄関の鍵を閉めた。
歩いてる途中に気付く。

クリーニング屋さんだ!

そうだ間違いない。
出したっきり取りにいってないんだ。
そうだ。
それだ。
と思ったときにゃすでに電車の中。
翌日行きつけのクリーニング屋へ行ってみよう。
店員のおばさんも笑って「遅いわよー」なんて言うはずだ。
なんて布団に潜り込み翌日。
クリーニング屋の暖簾をくぐるも見つからず。
何度も「ホントですか?」と聞くも「ありません」
バックヤード?的なところで職人よろしく洋服を探しているおじさんも
「ないよ。セーター」

なんて気分で部屋に戻り、もう一度探すやクローゼットの一番端に普通にあった。
というか「中谷様」と書かれた日付を確認すると11月1日。

全く記憶がない。
綺麗にない。
というかスーツも11月1日の「中谷様」
これも全く欠落。
欠陥している我が脳みそ。
物忘れが多くなった2009年。

|

« もう今年も | トップページ | ほっとしました… »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« もう今年も | トップページ | ほっとしました… »