« アンナさんのおまめ | トップページ | それはこれだ »

2006/10/17

イーヨーッ!

こんにちは。そうげんです。たけおくん、厄介な病気に冒されているのだろうか、無事であればいいのだが・・・。

 さて、今日はディズニーキャラクターの話をする。とはいってもペットを飼って、ディズニーアニメに囲まれて癒しを得ているような丸の内の寂しがりやの女子ではないので先に断っておく。

 「イーヨー」というキャラクターをご存知だろうか?クマのプーさんの中に出てくるロバである。最近このイーヨーという生き物が気になって仕方が無い。

 以前、ディズニーランドへ足を運んだときのことである。空が生憎の雨模様だったこともあり、屋根のある入り口付近の大通りに沢山のキャラクターが集結したことがあった。

瞬く間にミッキーを始め人気のキャラクターは親子に囲まれ、記念撮影会がはじまったのである。勿論、クマのプーもその例外ではない。

 するとその様子を遠巻きに見ていた僕のところへプーが寄ってきた。今思っても何故だか分からないが、そのプーの媚びるような、あたかも「自分ってかわいいっしょ?写真とってやるよ」みたいな傲慢とも受け取れる様子に激しい嫌悪感を覚え、言葉で「写真とろうよ」と言われたわけでもないが、僕は「結構です」と一方的に断り、既に出来上がっている僕の周りの人だかりを後にした。

 クマとの写真を必死になって撮ろうとする親子の群れを完全に見下していると、視界に見慣れないキャラクターが入った。人だかりに囲まれることも無く、かといって自ら写真を撮られようとするでもなく、自分の立場、その場の空気を完全に読みきった、それでいて少しアウトローな雰囲気さえも漂わせる不思議なキャラクター、それがイーヨーだった。

 これもまた今思い出しても何故だか分からないが、その時僕からイーヨーに近づき「一緒に(写真)とってやろうか?」と完全に上から目線で話しかけた。

するとイーヨーは(雰囲気としては)喜ぶわけでもなく、まぁどっちでもイーヨーみたいな態度をとったのだ。この瞬間、それまでの僕と奴の関係性が逆転した。恋と一緒だ。寄ってこられるとウザいが、興味を示してくれないと追ってしまう。

先日もネットオークションで海外から出品されたイーヨーの携帯ストラップを落札した。そう、イーヨーは人気が無いせいか、グッズの展開が無いに等しいくらい乏しいのだ。

ここでご存じない方に、そんなイーヨーのちょっとした特徴を教えておこう。

まず外見。生気の無い眼。あと、しっぽにリボンが巻かれている。しかしコレは可愛さを追求したものではない。調べによると、しっぽがすぐに取れちゃうからリボン的な紐で巻いてあるそうだ。

そして、性格面であるが、かなり後ろ向きな発言が目立つ。「どうせ~」とか「僕なんかが~」が発言の大半を占めるのである。

どうだろう?みんなもイーヨーが気になり始めただろうか?しかし「イーヨーって可愛いぜ、な?な?」なんて無理強いは決してしない。恐らくイーヨー自身が人気が出ることを望んでいないように思えるからである。

今週中には先ほどのイーヨーストラップが届くはず。その時写真をアップしてみます。

|

« アンナさんのおまめ | トップページ | それはこれだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アンナさんのおまめ | トップページ | それはこれだ »