« 純情きらり | トップページ | ウテウテNight DX/第32回 »

2006/10/05

地に足着かずの日々を送り今このブログが犬だらけになってるのを見た中谷です

タケオよ。
竜くん(あたし)だとかまんちゃん(加藤)だとかって
こちとらえぇ歳こいたおっさんやっちゅうのさー。
芸能人を「さん」付けしおってからに。
んなもんあだ名でズバ!っと呼び捨ててやれい!

バタバタしとりまして。
あーなんですか。
先週はすっかり忘れておりまして、忘れるだけ忘れて
「忘れている」ことを胸に刻みながら「忘れている」ことを正当化しようとして忘れておりましたわ。

まぁ、とにもかくにもよくもこんなにバタバタと個人的事件が起こるもんだわの毎日でして、全部は書きませんが一つだけバタバタ事項を記しますと我が携帯にウソっこの督促電話がかかってきまして。

携帯ってタマに登録してない番号からかかってくるとつい出ちゃう性分でして
まぁ大体はなんだかんだの勧誘なんで
「結構です」と即DEATHの呪文を唱えてやるんだが
この電話もそうだった。
LEVEL8のDEATH(FF3より)を唱えて切電したと思ったら即座にまた架かってきやがった。
そんなに連発で架かってきたらねぇ、俺だって「何か用ですかぁ」と話聞こうと思うわけさぁ。

彼:「中谷さんの携帯電話ですかぁ」
俺:「はい。んで何ですかぁ」
彼:「興信所からお電話させてもらってるんですけどぉ」

興信所?
バカヤロー!受けてたってやんよ!
俺:「はいはい。何でしょう。いくら払えば良いでしょう?」
彼:「・・・(払うって?の間)それがですねぇ」
俺:「何十万払えば良いでしょう?」
彼:「・・・(何十万って?の間)その
♬ってサイトご覧になりましたか?
俺:「いや家にインターネット繋いでないんで見てないんですが。そちら様が見たと仰るなら見たと思います。見てるんですよねぇ?俺。繋いでないんで見てるはずないんですけどそちら様が見てるって言ってるんですから見てるんでしょうねぇ。
で、何十万払えばよろしいですか?
彼:「・・・(払うの?の間)繋いでないなら分かりませんが一応そのサイトの登録料が3000円で利用料が15000円未納のようなんですけど」
俺:「あぁ。これ架空請求とは思っていませんのでそちら様を是非信じたいと思います。それで架空請求の場合もっとご請求されると思うんですけど。念のため3000円プラス15000円を指定の口座にお振込すればよろしいのでしょうか?そうではないですよねぇ。よく架空請求とかではこの後30万円だとかが延長料金で請求させてるみたいなんですけど、グフッ(笑い)俺、そちら様を信じてるんで架空請求ではないと思いますが念のため18000円でよろしいんでしょうか?もっと払った方がよろしいのでしょうか?

実は、僕、僕ちん、お金払いたくて仕方がないんでちゅ。

彼:「・・・(引いてる)そうですねぇ。その延長料金なんですが34万でして」
俺:「払いますぅ!払いますよぅ。これって架空請求じゃないですよねぇ。なら、ねぇ、尚更払わなくちゃ。ねっ!インターネット見てないですけどサイト登録料払わないと。ちなみにいつ見てることになってます?」
彼:「・・・そうですねぇ。今年の3月の中旬くらいですが」
俺:「3月?あぁそうですかぁ。実はバイクの交通事故で2月から5月まで
♬病院に入院してたんですよ。それなのに見たってそちら様が言うんですから病院のベッドの上でいながら家のパソコンでそのサイトを開いたってことですよねぇ。まぁパソコン持ってないですけど。それなら払いますぅ
彼:「・・・おかしいですねぇ。」
俺:「そうですねぇ。おかしいですねぇ。でも
その三十何万か払いたくて仕方がないんです!
彼:「・・・」
俺:「もし架空請求ならもっと現実味を帯びた金額じゃないとお支払いできないと思うんですよねぇ。そちら様のことを言っているのではなくて。例えば3000円だとか800円だとか。現実味がないんですよねぇ。30万とか言われても。そちら様のことを言っているのではなく。そんなバカな商売してる人いるじゃないですか。ねぇ。人様から金を巻き上げる人間のクズのような人が。あなたの事を言ってるわけではありませんよ。何を聞いて育ったらそんな風になってしまうんだか。きっと親もバカなんでしょう。いや親だけでなく兄弟親族もろもろねぇ。あなたの事を言っているわけではなく。そんな巻き上げたクズみたいな金で彼女とかいるんでしょうねぇ。そのうち子供とかできるんでしょうねぇ。そんな他人から巻き上げた金で子供も育てるんでしょうねぇ。いやぁ汚い金で育つって良いもんですねぇ。あなたの事を言っているわけではなく。いやぁあなたはそんな人でなくて良かったぁ。で、指定の口座はどこですかぁ?」
彼:「・・・(引いてる)今、お伝えしてもよろしいでしょうかぁ。」
俺:「あっ。今手元にメモないんであとでかけ直してもらって良いでしょうか。」
彼:「・・・ではまた30分後にでもかけ直しますぅ。」

と、まだ架かってきてません。
知らない着信番号には厳しく出ますナカタニです。



|

« 純情きらり | トップページ | ウテウテNight DX/第32回 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 純情きらり | トップページ | ウテウテNight DX/第32回 »